読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

情報共有ツールお悩みNight #1に参加しました #infonight

f:id:hkdnet:20151101193606p:plain

イベントレポです。

イベント概要

かのイケてるチームもすなる情報共有ツール

さて、みなさん情報共有ツールって知ってます?(よね?)
Qiita:Teamかesaとか。
いろんな企業が「導入しました!」「ウチではこう使ってます!」って事例を書いてますよね。

ウチのチームもしてみむとてするなり

けど実際のところ、導入したらうまくいくわけじゃあないんです(そりゃそうだ)

  • 良さそうなツールを見つけたけれど、うまく検討できなかった
  • 導入してみたけれど、うまく使えなかった
  • 自分の開発チームではうまくできなさそうだけど、あーなるほど、そういう風に使えたら良さそうですね、と思った

こういう情報共有に関するお悩みは多くのチームであるらしくって、そういうのをわいわいがやがやみんなで共有しようぜっていうイベントが10月29日(木)に開催されたので参加してきました。

peatix.com

開催前

Qiita:Team

このイベントでは面白いなという取り組みがあって、開催前にみんなで情報共有ツール使ってみようぜってことになってたんですね。

当日スムーズにお話しできるように、申し込みした方を「情報共有ツールお悩み相談チーム」というQiita:Teamに招待いたします。軽い自己紹介のイメージで、悩みや参加の動機を、肩肘張らずに書いてみてくださいね!

(peatixの紹介より抜粋)

「お悩み」という繊細な話題なので事前の自己紹介で「あ、あのアイコンの人知ってる!」とか「あの人のチームで悩んでるとこ、ウチも悩んでる!」とかわかってるのがありがたいです。
グループワーク(後述)のグループ決定のときもこのへん意識してもらったみたいで圧倒的感謝

主催者の情報共有

Qiita:Teamでは主催者側から「こういう準備してるよ〜」という発信があって、大切に頑張って準備してもらえてることが伝わってよかったです。
名札も作っていただきました(冒頭画像)
本当にありがとうございます。

情報共有ツールお悩みNight #1の情報共有ツールを紹介します - Qiita Blog

イベント前の情報共有 - Qiita Blog

開催

グループワーク x2 + LT x3 + 懇親会の構成でした。

グループワークはテーマについて付箋で案出しして、グルーピングして、というたぶんいわゆるふつーのブレスト形式(だと思います)

グループワーク1

Bチームで、情報共有ツールの1ヶ月トライアルでどう楽しくつかってもらうかについて話しました。 特に面白かったのは他己紹介書くぞって案と、最初にどう使うかちゃんと認識合わせをしましょうって案。

制限時間内には思いつかなかったけどチームメンバーに感謝を伝えるとかやってもよさそう(匿名じゃないし気恥ずかしいかしら?)

グループワーク2

Cチームで、某イベントの主催者を想定したお悩みについて話しました。

htomineことひろゆきくんは、情報共有についてって意外と共有したり知見を交換する場がないんじゃないの、とおもって、社外の人を集めて勉強会をすることにしました。 社外の人なので勉強会まであつまることができませんが、ここはいっちょITツールを使えば有意義な情報交換をすることができるのではないかと考え、参加者を招待して自己紹介してもらったりしました。 しかし、自発的な投稿にはつながらず、もっと自由にわいわいみんなが話せてたのしく自然と情報が共有されていって欲しいなーと思っています。

ここで話し合ったのは結構実践されていて、うーんやっぱり難しいぜっていうことを感じながらあーでもないこーでもないと話しました。

Slackで時間決めて会議やってみたらいいかなって思ったけど、それって参加できる/できない差がでるよなーとか。 イベント主催は盛り上げたいと思っているが、果たして参加者の気持ちは追いついているのかとか(普通のチームなら集まってミーティングやって認識合わせましょう、というところな気がするがあるイベントに参加するって人じゃ難しくね?とか)

とはいえ、「これ以上盛り上げる」というのが難しいだけでイベントまでに実践された施策はどれもよかったなと思いました。

  • slack導入
  • ポエム投下
  • イイネとコメントをこまめに
  • お題の設定(仮想の問題)
  • フォーマットの提供
  • SNSIDを晒しておく
  • 主催者の取り組みを書いておく

参加する前から参加できるイベントでした( ˘ω˘)

LT

htomineさん、naoya_itoさん、tseigoさんの3人。

個人的に一番よかったのはhtomineさんのネタ。
"自分"と"彼ら"ではなく、"自分たち"で。
チームでよくしていきましょう、というお話。

naoyaさんは名乗りだけで笑いをとってた。

(スライドは末尾の公式レポからどうぞ。)

余談

終了間際にnaoyaさんがメモとってたから何かなって思ったらスライムの落書きだった。
サインペンで影さらっといれててよさげだった。写真撮らせてもらえばよかった……。

関連

第1回「情報共有ツールお悩みNight」を開催しました - Qiita Blog

興味をもっていただけた方は第三回の申込をどうぞ! (第二回は盛況で既に定員に達しているそうです。すごい!)