読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

yarnをnpm i -gでインストールしようとしたら怒られた

タイトルどおりです。

$ npm i -g yarn
npm WARN deprecated yarn@0.17.10: It is recommended to install Yarn using the native installation method for your environment. See https://yarnpkg.com/en/docs/install

npmじゃなくてネイティブのパッケージ管理を使おうねと言われています。
OSXならbrewUbuntuならapt-getとかそういう話です。

これなんでだろって思ってたら公式に答え書いてありました。

yarnpkg.com

Install via npmのところ。

Note: Installation via npm is generally not recommended. npm is non-determinstic, packages are not signed, and npm does not perform any integrity checks other than a basic SHA1 hash, which is a security risk when installing system-wide apps.

For these reasons, it is highly recommended that you install Yarn through the installation method best suited to your operating system.

npmでインストールするのは通常オススメできない。なんでかっていうとnpmは非決定的で、パッケージが署名されておらず、SHA1ハッシュ以外の正真性チェックを行わないから。

というわけでbrew installとかでいれましょう。

Windowsユーザーはどうすんのかなって思ったらmsiファイルとchocolateyがあるみたいです。