GitHub + Terraform Cloud で不幸にも workspace が大量にあるときに変更がある workspace だけピックアップするやつ

workspace が大量すぎて困っている人は通常あんまりいないと思うが弊社では非常に役に立っている。

以下のブックマークレットを作って叩けばよい。

javascript:(function(){ [...document.querySelectorAll('.merge-status-item')].filter(e => e.textContent.includes("Terraform plan has no changes") || !e.textContent.includes("Details") ).forEach(e => {e.className = '';  e.style.height = 0; e.style.padding = '0'; e.innerHTML = ''}) })()

2021年12月の近況

この記事は

この記事は Rubyist近況[1] Advent Calendar 2021 - Adventar の5日目の記事ですが、現在2021年12月23日18時くらいです。これは、5日目の投稿をブッチしたわけではなく、空いているので埋めているのであり、私が怠惰であることを示すわけではないということを念の為書いておきます*1

4日目は、zunda さんの記事でした。

zenn.dev

近況

近況は99日前のこの記事でだいたい書きましたが、重複することも含めてつらつら書きます。

hkdnet.hatenablog.com

仕事

相変わらずトレジャーデータというところに勤めています。Ruby も書いています。ここ2週ほど手元でゴニョゴニョしてるのは Go と JavaScript ですが、チームのメインリポジトリRails ですし、主な仕事もそっちです。Ruby のお仕事は弊社でもまだたくさんありますので、ご興味がある方は僕にご一報のうえ、こちらからどうぞ。無事採用となった場合にはリファラルボーナスがあった気がするのでとてもよいご飯を還元できると思います。

仕事内容としては、エンタープライズ〜という感じの機能を作ったり、英語を読んだり英語を書いたりしています。せっかくなのでビッグデータ〜という感じに近い機能についてもガリガリやりたい気持ちはありますが、めぐり合わせとかの関係もありやってませんね。あんまり自分のキャリアや好みの領域に明確な指針がなく、会社としてこれやりたいんですね、じゃあ空いてるんで僕入りますか、みたいな感じになりがちです。

英語は相変わらずそんなにできないわけですが、英語がどうこうというより多数の言語、タイムゾーンに属するメンバーがいる中でプロジェクトを前にすすめるというところをちゃんとやっていく必要があり、それには胆力が必要となることが多く、やっていき〜という感じです。ちゃんとやっていけてないからこんなことを書いているわけですが。規模的には当然自分でなにかやったら全部終わるみたいになることが少なく、開発側だけでもチーム横断になるし、プロダクト側ともいい感じにやっていく必要があり、それをちゃんと終わらせるというのはやはり労力がいるものだなあと思います。

仕事2

副業のほうも続けているわけですが、こっちもこっちでありがたいことに人が増えてきており、ただの開発者としてではなく、どうやったら全体としてのアウトプットがいい感じになるかということを素人ながら考えたりしています。

人が増えているとは言いましたが、フロントエンドの人がまだまだ足りてないので募集中です。副業とか業務委託からお願いすることになると思うのでこのへんを読んで興味がありましたらぜひ。なおこちらについても応募前に僕にご一報いただけるとリファラルボーナスがありますのでなんらかの還元ができると思います。

生活

相変わらず料理をずっとしています。まだ飽きないですね。仕事でヘロヘロだったりすると作る気にならなかったりしますが。最近はあまりに日常になりすぎたせいで特に写真撮ったりもしなくなりました。趣味であり、生活の一部であるという。

家ではビールをやたらと飲んでいたのですが、特に飲むぞうおおおという気持ちでないときにはご飯と一緒ならビアリーでよい気がしてきました。もちろん酒を味わうぞというときには物足りないのですが。ノンアル系はどうにも苦手なのですが、ビアリーには慣れたのでこのまま進めばいけるようになるかもしれません。というか別に常備されてればジンジャーエールとかでもいいという説はあります(未検証)。健康のためにはアルコールが少ないほうがいいのはそのとおりなのですが、特に財布への負荷が軽くなってないのが気になるところではあります。別にお金のかかる趣味があるわけでもないので食と酒には好きにお金を使っていいとは思っているのですが、低アルの割には高いですよねという気持ちになってしまう*2。ビール以外にも日本酒をよく飲んでおり、近くに好きな酒屋も出来たのですが、いかんせん酒自体を記憶するのが非常に苦手で、ブログに書くほどの何かはありません。

そういえば家がほしい気持ちが高まり、いろいろなんやかんやしています。2人暮らしが1年経ちだいたい必要な家の感じとかがわかってきたこと、今の家の家賃を考えると買ってしまってもだいたいなんとかなること、結婚式も終わり新しいことを検討する余裕ができたことなどからです。家、何もかもがわからず、ひたすらブログやら情報サイトを眺めたりしてなるほど〜という気持ちになったりしています。

娯楽系でいうと、一時期SEKIROブログになっていたようにせきろにかなりの時間を費やしていました。トータル120時間だそうです。ゲームはじゃあしばらくいいかな、と思っていたところハロウィンセールかなにかで兄がダクソ3を始めたらしく、じゃあやるかと思っていまはダクソ3をやっています。こっちはまだ43時間程度なので安心ですね。1周目を脳筋ビルドでラスボス倒してDLCがまだ、といったところですが、歯ごたえが足りなく感じてきたので新プロフで始めているところです。難易度については、SEKIROよりかんたんな気がしますね。SEKIRO は基本的にボスに勝つためにはボスを理解する必要がありますが、ダクソ3のほうではそもそも探索真面目にやってたらレベル上がってゴリゴリ殴ってたら勝てるみたいになりがちでした。完成がはやい脳筋ビルドなせいもあるとは思います。ちゃんと理解していかないと勝てないくらいのレベルに抑えたい。

終わりに

本記事の序文は敬愛する id:takeshinoda パイセン*3の記事を参考にさせていただきました。

また、こうした近況を書いて投稿する機会を作ってくれた、id:takkan_m さんもありがとうございました。といっても忘年会に参加したことあったかなかったかあやしいですが……。

*1:なお当然ながら私が怠惰でないことを示すわけでもありません

*2:それを突き詰めると工業用アルコール飲んでろ、になるのもわかっています

*3:このフレーズも https://twitter.com/highwide/status/1470691534681313281 を参考にさせていただいています

SEKIROを1周クリアした

もともと兄者のプレイ動画を一回見ていて、なんとなくのストーリーとボスは把握していた。

おもしろそうだなーと思いつつ未プレイだったが、2broのダクソ3だったり、今年のRTA In Japanの走りを見ていたりしたら気持ちが高まりやることにした。

フロムゲー面白そうに見えますよね、ボスとか地形に対して慣れていってだんだん最適化されていく感じとか。僕別にゲームそんなにうまくないんですが、自分がだんだんとボスに慣れていくのがわかってすごくよかったです。

以下ネタバレ込み

続きを読む

雑記

久々の雑記です。書き始めてから1ヶ月経ってて自分でびっくりしました。

生活

いろいろ変わった。コロナがありみんなの生活様式が変わり始めてから1年半、自分はもともと基本的には引きこもりなので特に影響がないかと思っていたがそれなりに変わった。といってもコロナの影響はWFH100%になったこと、外に飲みに行けなくなったことくらいだろうか。外に飲みに行けないのは非常に困っている。実利的に困っているわけではなく、娯楽がないのでつらい、というくらいだが、娯楽が禁じられているのはそりゃつらい。なんとかなってほしいが、まあしばらくはこんな感じだろう、はい。

コロナの影響ではない生活の変化要因として、引っ越しと結婚があげられる。というわけで結婚しました。ツイッターとかだといつ書いていいのかわからないし特に報告する意味がなさすぎて書いてなかった。生活に関するところでは共働きで配偶者は出勤せざるを得ない業種、かつ遅くまで働いていることもあるので夕飯を作っている。引っ越し時にキッチンが広いところにいったので料理を作るのが楽しい。もともと小学生の頃の夢は中華料理人であり(『中華一番!』の影響)好きではあったのだが、設備が揃い、機会があるのでハマって今は家事というより趣味というくらいの気持ちになっている。ひたすら YouTube で料理番組を見たり、たまーに大きい魚をさばいたりしている。まだ道具にはそんなにこだわってないが、いずれ高い包丁を買ったりするのかもしれない、というか先日発表された谷やんの包丁がほしくなって買おうとしたがカートにいれられずに敗北した、無念。

引っ越しに関してはよくあるWFHになったんで遠くてもいいから広い家にー、というやつ。といっても配偶者の出勤事情もあるのでそこまで遠くはないが。寝室と仕事部屋が分かれているのが嬉しい。ちょっと移動すると多摩川につくので、自転車で土手というか多摩川サイクリングロードを走るということをよくやっている。自転車はそのために買った。保管のことを考えて折りたたみ自転車なのだがロードバイクとかに手を出したい欲が高まっている……。

仕事

なんか社のほうはいろいろあって、なおかつ何が書いていいのかいけないのかちゃんと覚えてないのでとりあえず具体的な言及は避けるが、いろいろやっている。

実装の伴わない机上設計フェイズが大の苦手なのだが、自分の気持ちを落ち着けるために「設計フェイズです〜ドキュメント書いてます〜」みたいな顔をしながらこっそり手元でPoCをつくって捨てるみたいなことをしておいたほうがよい気がしたのでメモっておく。 英語でのコミュニケーションに難があるというか、地理的・言語的な制約がある中で調整をするということの難しさを感じている。「こう変えられない?」みたいな提案が、どんくらいマジで言ってるのか、ただの思いつきなのか、みたいなことで迷ってしまう。これに関してはプロジェクトごとにプライオリティがあるので(締切が決まってるとか)どっかのタイミングでキメてしまうのがよい気はする。他にも色々悩みはあるが、基本的には一人のICからちゃんとプロジェクトを終わらせましょうねという立場になったことによるなんやかんやな気がする。今のチームに移った直後に「いつまでも一兵卒でいられては困る」という話があったのが思い出される。

言い訳くさいけど、主な悩みがコードに関するところでなくなっただけで、別にコード書いてないわけではなくそこそこやってます。副業のほうもあるし。副業については、ActiveJob に Struct 系のやつを渡したくなったが Serializer/Deserializer を自作する必要があり、必要に駆られて Ruby 本体に patch を送ることになった。初 contribute です。

bugs.ruby-lang.org

このチケットに関しては naruse さんに色々助言を頂いて助かりました。最初 keyword_init されてるかどうか後から知る方法がないことに気づいたときにはビビった。はやく勝手にできるようになってほしいですね(3.2 からっぽい)

あと最近は json カラムよほどのことがないとダメだなと再確認した。副業メンバーしか Rails の開発をしてないので Rails 部分がボトルネックにならないよう、フロントとRailsの更に奥にいるやつが直接やりとりできるように json のフィールドを1個追加してみたが、機能を追加していくに従ってどうにも Rails 部分もその中を意識する必要がでてきつつあり、それ関連で何回かエンバグした。このくらいのコストなら払いきれるかも、と思って導入してみたが、やはり時が経つにつれてコストが増大しており、失策だったかという気持ちを強くしている。とはいえ1年9ヶ月くらいやってるけどきれいなほうだと思いますし実際入った人には読みやすいですねと言ってもらえたということは言い訳として置いておく。


最近の暮らしぶりはこんなところかな。Windows 機かってなんかいろいろしたりもしてるけど、そのへんはまた別エントリにて。